Knightsが提供できるサービス

西洋剣術アドバイザー
闘うための剣術と見せるための剣術は違います。
Knightsの講師は両方の剣術の知識と経験があります。
だから、みなさまに選ばれるんです。


あなたに恥をかかせないのがアドバイザーの役目です。

できること
・ゲーム・ステージ等の剣術、武器、兵器、戦術、時代背景等のアドバイス
・舞台・ミュージカル・オペラ等のステージ用アクションのアドバイス
・TV・映画等の映像用アクションのアドバイス
・俳優・モデル・コスプレイヤーへのポージングのアドバイス
気をつけて下さい!
ちょっと待って! 【インターネットの情報は間違っている?】
クリエイターのみなさまは、制作開始に伴い情報を集め始めると思いますが、アドバイザーは制作の初期段階にこそ必要です。
インターネットで集められる情報は間違っているものがあります。

多くの制作会社はインターネットで情報を集めて、ある程度の形にしてから、最後の手直しのときに、アドバイザーを呼んで最終チェックをかけますが、それでは遅すぎます。


【剣術の専門家こそが適任ですか?】
専門家を呼んで失敗したご経験はありませんか?
専門的な情報が欲しいだけなら、その道の専門家が適任です。ただ、アドバイスが欲しいとなると、専門家が適任であるとは断言出来ません。

もし、専門的な情報だけでなく、相談役が欲しいということでしたら、必要なのはアドバイザーです。


【外国人はお金がかかります】
西洋の文化なら西洋人にお願いするのが最適だとお考えですか?そのアドバイザーを海外から呼び寄せますか?そのアドバイザーは日本語は話せますか?日本人の考え方を理解してくれていますか?

外国人アドバイザーを呼ぶとアドバイス料の他に、渡航費や通訳の依頼料がかかるでしょうし、通訳に必要な空白の時間ができてしまいます。

あなたが何かを話す度に、通訳の時間を待たなくてはいけないのです。この時間というのは非常にわずらわしいものです。

また、西洋剣術の専門知識を持っている通訳を用意することは難しいでしょう。
Knightsなら安心です! 【Knightsの情報は口伝です】
本当に価値のある情報はインターネットでは調べられません。また、インターネットで出てきた情報がどういう意図から作られた情報なのかがわからないと、その情報の使い方を間違えてしまうことでしょう。

Knightsは実際に海外に行き、正確な情報を把握しています。
情報というのはナマモノですから、時代と共に変化します。そういった変化にも、Knightsは対応できるのです。


【お客様の立場を理解しています】
Knightsはお客様の立場で、
「何がしたいのか?」
「どう見せたいのか?」
ということを考え、アドバイスをします。

闘うための剣術と見せるための剣術を両方見せてお客様に選んで頂きますからあなたの創りたい世界を実現することができるのです。


【Knightsならお安くすみます】
Knightsの講師は日本人ですから、通訳の必要もありませんし、日本人の考え方も理解しています。お客様の会社に呼び寄せたとしても、海の向こうから呼ぶよりかは安いでしょう。

文化や考え方が日本人ですから、あらゆる説明が省略でき、お互いに言いたいことが言えますから、最高の仕事が出来るでしょう。

最高の作品は最高の仕事から生まれます

西洋剣術指導・講義
スポーツフェンシングと剣術は違います。
Knightsの講師は両方の違いを理解しています。
だから、みなさまに選ばれるんです。


あなたに正しい剣術を身につけさせるのが指導者の役目です。

できること
・俳優への剣術・武器術指導
・スポーツとしての剣術指導
・西洋剣術関連の講義(剣の歴史、構造の説明、戦闘理論、騎士道精神、立ち振る舞い、マナー等)
・アクション振り付けの作成
気をつけて下さい!
ちょっと待って! 【剣術の時代を確認して下さい!】
日本ではよく、スポーツのフェンシングの先生が指導に呼ばれますが、お客様の身につけたい剣術の時代を確認して下さい。
日本で言うところの、『時代劇と剣道』くらいの違いがあります。


【日本刀の動きとは違います!】
西洋剣術の動きは日本刀の動きとは違います。剣も刀も手で持つ武器ですが、戦闘理論が別ですから動きも違ってきます。

【ライセンスの確認をして下さい】
西洋では、ある程度の技術を習得すると修了証が発行されます。ですから、その修了証やどこに登録している先生なのかを確認して下さい。
もし、それらがない場合、技術が古かったり、自己流剣術を教えていたりすることがあります。
Knightsなら安心です! 【あらゆる時代に対応できます】
Knightsの講師は西洋(主にヨーロッパ)の剣術を研究しています。ある特定の剣術のみを研究しているのではなく、幅広く剣を研究していますから、国や時代ごとの変化にも対応することができます。


【あなたに合った剣術をレクチャーします】
日本にいる以上、日本刀の動きを習ってここまで来た方もいらっしゃると思います。Knightsの講師は、お客様のこれまでの経験を生かした剣術をレクチャー致します。
日本刀と西洋剣は全く別物であっても、一からやっていたのでは時間がかかってしまいます。ですから、マニュアル通りに剣士を養成するのではなく、お客様の特徴を見極めて、お客様に必要なことだけを指導致します。


【Knightsの講師はDAIの講師です】
DAI=Dueling Arts International。アメリカのStage Combatを扱うカンパニー。1995年設立。
Knightsの講師はDAIにて毎年研修を受け、常に最新の情報を把握・維持しております。

キャスティング
日本と西洋の動きは違います。
Knightsは99.9%の日本人が知らない西洋の動きを知っています。
だから、みなさまに選ばれるんです。

できること
・西洋の剣術・武器術・立ち振る舞いを身につけたアクターの斡旋
気をつけて下さい!
ちょっと待って! 【アクションだけで十分ですか?】
スタントマンならアクションシーンだけかもしれませんが、俳優となると、アクションシーン以外の演技の部分も必要になるはずです。
お辞儀の仕方や、抜剣、納剣などの動きはありませんか?

【他と同じでもいいですか?】
「見ている人がわからないから」という理由で、こだわりを捨てていませんか?日本のアクターは大変美しいので、どんな動きでもそれっぽく見せてくれます。
作品の舞台が西洋なのに、俳優が西洋の動きをしてなくてもよいのでしょうか?


【道具類はありますか?】
日本で外国作品を扱うときに困るのが、衣裳や小道具でしょう。十分な情報がないまま、用意した衣裳や小道具はしっかりと使いこなせないと思います。
Knightsなら安心です! 【生きている動きを提供します】
アクションだけなら映画などを参考にして組み立てることはできると思いますが、映画等に映っていない情報はどうしますか?Knightsはそういう情報も持っています。
俳優に必要なのは「生きていること」
映画等を見て得た情報というのは、切って貼ったような動きしかもたらしません。

アクションシーン以外の立ち振る舞いや、剣士としてのマナーなども重要な要素です。また、女性であってもエスコートの受け方や、男性に対する所作も重要になってきます。

Knightsはアクションだけでなく、演技もできる俳優をキャスティング致します。

お客様の声

募集中です

Twitter

inserted by FC2 system